割烹の宿いま井


月岡温泉いま井で働くスタッフ四方山話
旬の味覚を愛し、思いやりを愛し、人生を振り返り、今と未来を語る。
「Iのある人生」
セカンドライフに堪能する、美味しい宿の心地よさひときわ。

  IMAG0903[1]

 

IMAG0902[1]

ほんのり色づき始めたモミジです。

9月から、仲居業務をしています。私はここの仲居さん一人一人の雰囲気がとても好きで、こんな雰囲気を出せることを尊敬しているのですが、その理由は何だろうということを考えました。

「自慢のおもてなしをどうぞ!!!」というような、おもてなしアピールが私は個人的にあまりピンと来ない方なのですが(はっきり言えばちょっと苦手)、それでも接客業というのはおもてなしというものが何なのかわかっていないといけないのだろうと思って、私の指導役をしてくれているMさんに日々疑問を投げかけています。

Mさんは、「特別なことは何もしない、普通のことをするだけ、見てるだけ、自分がされたら嫌だなということはしないし、言われたら嫌だなと思うことは言わない、一度言われたことは間違えないようにする」のだと言いました。そこには”私って親切でしょ、気が利くでしょ”というものはなく、何かをするときはさりげなく、そして何かをしないということの方に気持ちが多く入っているように感じました。

もちろん、彼女の言う「普通」のレベルが私の思う普通とはすっかり違うものなので、その普通はどうやって手に入れたのかをこれまた聞いてみたところ、「先輩から叱られたことと、失敗して覚えたこと」なのだそうです。彼女は言葉が少ないので、こんな風にまとめて書いていますが、これは私が勝手につなぎ合わせています。とても重要なことを、何となく話し、もしかしたら本人はとても重要なことを話したという気もないのかもしれません。昔はこれが当たり前だったということ(常識と言われるもの)が、どんどん変わっていき、戸惑っている様子が見られます。もちろん、時代は日々変わっていくので、変わらずにいることが正解ではないこともあると思います。それでも、こうして頑なに変わらないでそこにいるという存在も大切だなと思いました。癒しというものの正体はこれかもしれないとも思いました。

私は今までずっと、改善をする、効率化をする、新しく人の意見をどんどん取り入れて新しい仕組みを作っていくというようなことが仕事だと思っていたようなところがあり、一方、伝統的なものに対する憧れの気持ちはお稽古事などで処理してきました。今回の仕事は、古いやり方を守りながらも、新しくした方がいいことは何かを考えていく仕事なんだろうと思っています。考える秋(とは言わない?)に、あれこれ考えたことを書いてみました。

 

新潟清酒達人検定不合格の私ですが、テキストブックを見て暗記するという能力が加齢と共に「完全に」失われたのだろうという結論に達しました。

興味のないことが覚えられなくなってからは、もう随分経ちますが、それについては仕方がないと思っています。ただ、興味のあることさえも覚えられなくなってしまって、私はもうおしまいだと随分落ち込んでいました。どんな試験でも落ちるのが苦手で、必要以上に傷付く癖があります。昔々、日本史も苦手だった私は、「ものがたり」として記憶することで何とか試験をクリアしたことを思い出しました。

ということで、試しに「蔵」を読んでみました。元々は毎日新聞の連載小説だったとのことで、当時話題になっていた時にはテレビドラマも映画も見ず、本も読まないまま今日まで至っていました。そういえば宮沢りえが降板して・・・みたいな話はうっすら記憶にあります。

 

51A0SPW526L._AC_SX75_CR,0,0,75,75_

『蔵』宮尾登美子

亀田町(現・新潟市江南区)が舞台で、台詞がすべて新潟弁なので、なんだかとても親しみを感じました。面白くて一気読みしました。テキストブックに書いてあった越後杜氏(の中の野積杜氏)の暮らしについても触れられていましたし、酒造り唄についても詳しく書かれていました。ネタバレですが(古い物語なので許していただくとして)、ハッピーエンドっぽいのもいい感じです。登場人物が主人公も含めて、完全に「いい人」という訳じゃなく、それぞれズルかったり、意地悪だったり、軽薄だったりするところも共感できます。こうなったら映画も見てみようという気持ちになります。ただ、本の中で、涼太は、声はいいけど見た目はパッとしないという風に描写されていましたが、西島秀俊なのでした。まぁそうなりますね。映画を観終わったら漫画「夏子の酒」を読破し、それで再度、新潟清酒達人検定に臨む所存です。

下着メーカーのトリンプ・インターナショナルと月岡温泉のコラボ商品「温泉インナー」というものが来月から発売されることになりました。いま井でも取り扱いさせて頂けることになりました。どんな商品なのかとても楽しみです。

温泉インナーバナー

 

それにしても、世の中には色んなことを考える人がいるんだなと、感心します。思いもかけない組み合わせというのは面白いものだなと思いました。私も長い間、鉄鋼業界にいたので、鉄鋼と温泉で何か出来たら面白そう・・・。

と、書いてみたところで、ここの強い硫黄成分で次々にダメになっていく機械設備類のことを思い出してしまいました。ここにずっと駐車していると車が錆びるのも早いようです。月岡温泉に漬けても錆びない表面処理というのが出来たとしても、一般家庭には要らないのかもしれません。

先週、月岡温泉旅館の女将会、通称、月姫会の日帰り研修旅行の会に初めて参加しました。弥彦神社でお参りして、岩室の小鍛冶屋さんでお食事をしました。

小鍛冶屋さんは一見古びた家のようで、中はとってもおしゃれでした。

IMAG0875[1]

 

 

IMAG0873[1]

 

昼からワインを飲んでしまっています。ブログ掲載の許可取得済~(^_^)vです。

聞く話、聞く話が珍しいことと、今まで会ったことのないタイプの超絶!猛烈!頑張り屋さんの集まりなので、とても刺激を受けました。縁あってこういう仲間に入れてもらえたのだから、月岡温泉地区の発展にも寄与できるよう努力を惜しまぬ所存なのであります。実際にお役に立てる日がいつになることやら・・・・ですが!!

IMAG0878[1]

http://aromatica-labo.jp/

新潟県燕市にあるおしゃれすぎる手作り石鹸のお店「アロマティカ ラボ」の商品を、ほんの一部ですが、いま井の売店で取り扱いさせて頂けることになりました!!!!手作り石鹸は溶けやすいので大浴場に置いておけないのは残念・・・ですが、本当に優しいいい香りがしますので、是非売店にもお立ち寄りください。

 

 

11890934_726400584132302_3537198667682123045_n 11921600_726400600798967_7324910953381593710_n

 

東京から応援に駆け付けてくれた、大尊敬する先輩(Sさん&Sさん)から、旅の絵日記描いたよ~と送ってもらいました。とっても嬉しかったのでここに公開します。

本当に「あ!!」っという間に8月も終わり、うまさぎっしり新潟の旅の申し込みも終わり、もうじき夏の新潟競馬も終わります。9月からは新たに仲居業務研修を行うことになりました。仲居としての仕事について、ブログに書いていければと思います。

IMAG0865[2]IMAG0864[1]

 

いつの日か、山野草の可愛いお花たちでお客様をお迎えしたいという野望(?)を胸に、お世話になっている木下緑園さんに無理をお願いして小さな山野草ガーデンを作ってもらいました。ここの土地に合うのかどうかはわからないと言われながら、頑張って育ってくださいと祈るような気持ちで毎日お世話をしています。下の写真のトラノオ(多分、エチゴトラノオ)は蕾が紫色になってきました。

そして、一昨日の夜の暴風にも耐え、今日、(多分・・)オカトラノオの花が咲きました。いとおしいです。早速ラウンジに飾ってみました。

 

IMAG0866[1]

 

何が咲くかわからなくて、いつ咲くかわからなくて、早く咲いて楽しませてくれるものもあり、もしかしたら咲かずに終わってしまうものもあるかもしれない。それでも花はともかく、葉っぱがかっこよかったりするので、本当にそれぞれ、色々あって引き立てあうんだなぁと、ほんのひととき想いを馳せたのでした。

 

OLをしていた去年までも、お盆期間にあえてお休みはいただいていませんでしたが、この期間は上の人たちが長期休暇を取得されたり、取引先もお休みだったりして、電話も鳴らず事務所も閑散とした中、日頃出来ない事務所内の整理整頓をしたりしていました。通勤もガラガラで楽々で、のんびりと過ごしていたことを思い出します。

そして、今年は・・・・・・

ボールペンより重いものを持たずに生きてきた私は、無い筋肉を無理に酷使して全身筋肉痛になり、多分、ほとんどの血液がそれに動員された為に、脳に回るはずの分の酸素が不足し、視界はぼやけ、指先に神経は届かなくなり・・・・この年齢から新たに肉体労働を始める切なさをひしひしと実感しております。みんなが私の何倍も働いているのに、一人へっぽこで情けないです。へっぽこなりの努力が、いつか何かの形で実ることを信じて頑張るのです。

IMAG0860[1]

 

早朝の田んぼの様子です。

今日はちょっとだけ暑さが和らいでいます。このまま秋になってくれることを少し期待してしまいます。

ところで、私にとっては意外なことに、この暑い中、びいどろ体験を申し込まれるお客様がとても多くいらっしゃいました。予約の電話をしたらいっぱいだったので、計画を変更して翌日にしたと仰る方もいらっしゃいました。私の知らないところで、びいどろ大人気の様子です。案内を改めて見てみるとちょっと楽しそうです。

びいどろ体験

涼しくなったら是非一度体験してみたいです。

暑い暑いとしつこく言っていますが、もともと暑いのが苦手で、秋になるのを待ち遠しく思っています。ある朝、唐突に風が夏のものではなくて秋のものになっている感じが大好きでした。

秋きぬと めにはさやかに見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる   古今和歌集(秋歌上)

 秋 秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬるきぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

 

 

IMAG0846[1]

毎日、暑くて暑くて運転をしていても景色を楽しむ心の余裕も無くなりがちですが、ふと見ると田んぼの緑からちょっと黄色っぽくなっている面がありました。眩しすぎて良く見えないのですが、ちょっとだけ車を停めて見てみました。

この状態のことを、出穂(しゅっすい)と言うのだそうです。この黄色がこれから濃くなっていって、全面黄金色になるんだなと頭の中で想像しながら、気持ちだけでも秋の気分を味わおうと・・・・すれども、やはり暑いものは暑いです。

来週はいよいよ未経験のお盆WEEKです。気合を入れなければ!!

IMAG0848[1]

(今日から売店で販売させていただく菊水さんの鬼面杯です)

1 2 3 4 5 6