割烹の宿いま井


月岡温泉いま井で働くスタッフ四方山話
旬の味覚を愛し、思いやりを愛し、人生を振り返り、今と未来を語る。
「Iのある人生」
セカンドライフに堪能する、美味しい宿の心地よさひときわ。

  IMAG0903[1]

 

IMAG0902[1]

ほんのり色づき始めたモミジです。

9月から、仲居業務をしています。私はここの仲居さん一人一人の雰囲気がとても好きで、こんな雰囲気を出せることを尊敬しているのですが、その理由は何だろうということを考えました。

「自慢のおもてなしをどうぞ!!!」というような、おもてなしアピールが私は個人的にあまりピンと来ない方なのですが(はっきり言えばちょっと苦手)、それでも接客業というのはおもてなしというものが何なのかわかっていないといけないのだろうと思って、私の指導役をしてくれているMさんに日々疑問を投げかけています。

Mさんは、「特別なことは何もしない、普通のことをするだけ、見てるだけ、自分がされたら嫌だなということはしないし、言われたら嫌だなと思うことは言わない、一度言われたことは間違えないようにする」のだと言いました。そこには”私って親切でしょ、気が利くでしょ”というものはなく、何かをするときはさりげなく、そして何かをしないということの方に気持ちが多く入っているように感じました。

もちろん、彼女の言う「普通」のレベルが私の思う普通とはすっかり違うものなので、その普通はどうやって手に入れたのかをこれまた聞いてみたところ、「先輩から叱られたことと、失敗して覚えたこと」なのだそうです。彼女は言葉が少ないので、こんな風にまとめて書いていますが、これは私が勝手につなぎ合わせています。とても重要なことを、何となく話し、もしかしたら本人はとても重要なことを話したという気もないのかもしれません。昔はこれが当たり前だったということ(常識と言われるもの)が、どんどん変わっていき、戸惑っている様子が見られます。もちろん、時代は日々変わっていくので、変わらずにいることが正解ではないこともあると思います。それでも、こうして頑なに変わらないでそこにいるという存在も大切だなと思いました。癒しというものの正体はこれかもしれないとも思いました。

私は今までずっと、改善をする、効率化をする、新しく人の意見をどんどん取り入れて新しい仕組みを作っていくというようなことが仕事だと思っていたようなところがあり、一方、伝統的なものに対する憧れの気持ちはお稽古事などで処理してきました。今回の仕事は、古いやり方を守りながらも、新しくした方がいいことは何かを考えていく仕事なんだろうと思っています。考える秋(とは言わない?)に、あれこれ考えたことを書いてみました。

 

8/1の新潟日報にインタビュー記事を掲載していただきました。

転職して2か月目くらいの気持ちを話したものなので、将来これを読んで、相当恥ずかしいと思うか、懐かしいと思えるかわかりませんが、こうやって載せていただいたことに感謝する気持ちは変わらないと思います。

この歳で急に、生まれて初めての肉体労働をしているので、身体の方はびっくりしていますが、次々と応援メッセージをいただいて元気になりました。「周囲の人に支えられて頑張れる」ということを表現として耳にすることは多かったわけですが、今回は表現でも比喩でもなく事実として身に染みて感じています。皆さん本当にありがとうございます。

IMAG0843[1]

 

 

大好きだったテレビも見なくなり、ゆっくり本も読む時間も無くなってしまいましたが、何とか家事の時間を削って本だけは少しだけでも読むようにしています。昔から、本に没頭している時間によって、心の均衡を保ってきました。没頭しすぎると睡眠時間を削りかねないので、睡眠時間確保の為、長編小説などは避けてエッセイ的な本だけを選ぶようにしています。

そんな風に選択肢が狭められて初めて出会える本というのもあるんだなぁという一冊です。

http://www.amazon.co.jp/%E8%A3%8F%E3%81%8C%E3%80%81%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%80%82-%E9%85%92%E4%BA%95-%E9%A0%86%E5%AD%90/dp/4093884102

「裏が、幸せ。」酒井順子 著

私が新潟についてぼんやり感じていたことがズバリズバリと表現されていて気持ちが良いです。「明るいこと」「ノリがいいこと」「元気いっぱいであること」のみを良しとすることに違和感を感じつつ、そのように装うことに疲れた人たちを癒す場所として、その場所に、ひっそりと待っている存在でありたいと願っています。

自分たちが世にも美味しいものを日常的に食べていることにも無自覚で、つまり宣伝が下手で、そして、観光客に来てもらいたいと思いながら、そんなに観光していただくところも無いのに来てもらってすみません、本当にありがとうございますというような、もじけた新潟人のことが、私は本当に気に入っています。

新潟清酒検定の銅の達人を受験しましたが、不合格でした・・・・。

IMAG0831[1]

 

日本酒が好きだということと、日本酒の知識があるということは随分違うということでした。当たり前です。

東京時代は若くて可愛らしい女の子たちとよく日本酒を飲みました。日本酒が好きだということで得をしたことが随分とありました。なので、この試験に不合格だったからと言って、日本酒を嫌いになったりしません。

私は試験に落ちたり、こんな風に不合格になるのがとても苦手です。得意な人がいるのかどうかはわかりませんが、落ち込み方が尋常じゃないという意味でも、本当に苦手なんだと思います。そして物が覚えられたりする時代はもう過ぎてしまったのだと思いました。早くこの辛さから立ち直って、もう一度チャレンジしようと思う気持ちになれるといいのですが。

 

ヤスダヨーグルト

2015年6月17日

阿賀野市のヤスダヨーグルトさんの工場をご案内いただきました。空港の入国審査みたいで可愛かったので動画撮影させてもらいました。

ここのショップは休日は行列が出来るほどの人気です。ワッフルハウスでアイスクリームや生クリームの試食もさせてもらいました。役得に次ぐ役得です。

ヤスダヨーグルトはいま井の朝食時にもお出ししています。

お試しで頂いたハンドクリームが、とっても良かったので、いま井の売店でも取り扱いさせてもらうことにしました。お楽しみに♡

tumblr_npkpapCwlv1uv3bw6o1_1280

貸切家族風呂はこんな感じになっています。夜はライトアップします。

くぼんだ所を枕にして、お二人でゆっくりしていただきたい♡と思っているのですが、何十年も連れ添ったご夫婦は、お風呂くらいは別々に入りたいわと仰り、なかなかご利用いただけません(涙)

本当はだからこそ、たまには一緒に入ってもらうのもいいんじゃないかって思うのですが、一方、その気持ちもわかるなぁと納得もします。

「いま井の温泉入った後ならどんな安い化粧水でも化粧のり良くなるから、新しい化粧品の効果を調べたいんだったら、この温泉に入った後は止めた方がいい。どっちの効果かわからなくなる。」という可愛い仲居ちゃんの発言に激しく同意したので、ここのバスアメニティとして、ジョンマスターを取り入れていることを全面アピールした方がいいのかどうかわからなくなっています。

このように「こうしてもらいたい」「こうしよう」と思ったことが、人の意見で前後上下左右にゆらゆら揺れます。自信がなくても自信をもってお勧めするということも、きっとプロならば余裕で出来るのでしょうが、修行不足です。こんな風に控え目におどおどしながら「お湯自慢」をしてみました。

この写真は、調理場のOさんが撮影したものを使用しています。お湯のとろとろ感が伝わる写真です。

tumblr_np39ifA1ik1uv3bw6o2_1280

夕暮れの田んぼと五頭の山です。育っています。

美味しいとか、美しいということについて考えることが多くなりました。何故ならば、そういう曖昧な価値にお金を払っていただく立場に突然なったからです。

美味しいの意味は、実はもともとわかっていないという自覚があります。

一緒に食事する人、その時の体調や気分、部屋やテーブルの様子、雰囲気、などによって、美味しく感じたり、逆に何も感じなかったりすることが多かったからです。美味しいってなんだろう。

薄味が濃い味よりも偉いように言われるのは、素材の味を楽しむため。

素材の味を楽しむためには新鮮であることが絶対条件で新鮮なものには価値があるから。という理屈もあるのかもしれないけれど、もう一つ、素敵な人・幸せそうな人がそれを好んでいるようだから、というような漠然とした理由もあるのかなと思います。

私はカップラーメンやポテトチップスも美味しいと思っています。が、そればっかり食べる人にはなりたくないと思っています。

それは、添加物を多く食べていると不健康になるというイメージがあるから。テレビで見るアメリカの貧困層の肥満の人たちが脳裏をよぎるから。不幸になるような気がするから。

きれいなモデルさんは、野菜やフルーツで出来ているように思えるのと対極のイメージです。

美味しい・美しい・正しい・幸せというようなポジティブワードを「自分に属しているもの♪」と言える人になりたいのなくて、自分も含めて誰かにとって、美味しい・美しい・正しい・幸せとは何かを考えられる人でいたいと思います。

決して押しつけがましくならないように。

私自身がどれもこれも押し付けられた途端に逃げたくなる性分なので!

tumblr_nowky7uULN1uv3bw6o1_1280

 

tumblr_nowky7uULN1uv3bw6o2_1280
tumblr_nowky7uULN1uv3bw6o4_1280

いま井でも、新発田市の泉屋染物店で作られた月岡温泉キャラクターグッズを売店で販売しています。

月岡温泉のキャラクターはうさぎなのですが、よくよく見てみるとおねえさんっぽい「月姫」と、かわいらしい「ゆらら」の2種類いることがわかりました。

「ゆらら」は月岡温泉開湯100年を記念して考えられたキャラクターということなのですが、近所のお土産屋さんを見てみると、界隈では「ゆらら」が「月姫」を圧倒していることがわかりました。

時代の流れに乗るべく、早速、泉屋染物店さんに出かけたところ、ご主人と奥様が藍染についてとても詳しく教えてくれて、しかも制作現場まで見せていただきました。

何となく藍染というのは、染めないところを隠してから染めるものだと思っていたのです。小学校の時に習ったろうけつ染めのイメージです。

ところが、藍染というのは、全体を何度も何度も藍で染めて染めて濃く濃くしておいて、それから、型を当てて白抜きして、筆で一色ずつ入れていくのだそうです。納得のいく型が出来るまでに大変な苦労をされるので、この型こそが財産だと仰っていました。

tumblr_nowky7uULN1uv3bw6o3_1280

この写真は「型」と、「白抜きし終わったもの」を合わせて見せてもらったものです。

売店の仕入の他に私用として花嫁人形のブックカバーを購入してしまいました。公私混同で申し訳ありませんっ。

売店に販売している以外の季節のお花などの商品もとても素敵です。予めご連絡いただければ、取り寄せておくことも出来る・・・かもしれません。

tumblr_noqs5ed3Qa1uv3bw6o1_500

もみじの中に赤い可愛いハートの形のようなものがあり、これはもみじのたねだと教えてもらいました。

青い空と、黄緑色のもみじの葉と、赤い種のコントラストが、うまく伝わるといいのですが。この季節の緑は直に眼球を癒してくれます。パソコンで目と肌が疲れた場合は、GW後に月岡温泉に来られるのがおすすめです。

朝、お客様をお見送りするときに、ゆっくりできたよって仰ってもらえると本当に心から嬉しくなります。

とはいえ、GWに海外旅行などで長期休暇を取った直後にお休み出来るサラリーマンがいるのか?(否、いないだろう)と思うと、この時期に来ていただけるお客様はそもそも心がゆったりされている方なのかなとか、GWには働きづめで、やっとほっと一息ついている方なんだろうかとか、色々想像してしまいます。

市島邸

2015年5月27日

今日のお昼に「研修」という名目で、近所の市島邸にお邪魔しました。

tumblr_nojgcq0Kkf1uv3bw6o1_1280

tumblr_nojgcq0Kkf1uv3bw6o2_1280

いま井から車で10分足らずの観光地にも関わらず今まで行ったことが無かったので、昨日、突然「市島邸に行く」と決心し、仲居さんの女の子たちを誘ってみたら、休暇の子まで出て来てくれて、何人かで一緒に行くことになりました。急なことだから一人でも仕方がないと思っていたのでそれはそれは嬉しくなりました。

市島邸は敷地も広く(8000坪)、細かい部分にまで丁寧な趣向が凝らされていて、全体的に繊細でかわいい建物でした。ここでお茶会をしたらさぞかし楽しそう!!と思ったら毎年「菊月茶会」を10月の第三日曜日に開催しているそうです。市島邸のモミジは葉が小ぶりで、この時期にはそれはそれは見事に紅葉するそうです。

市島邸が紅葉するということは同時にいま井も紅葉するということなので、私たちは参加できそうにありませんが、ご興味のある方は今から計画されたらと思います。

tumblr_nojgcq0Kkf1uv3bw6o3_1280

お茶室の内「水月庵」という池の上に作られた茶室は大切なお客様(貴賓)向け、「南山亭」の方のお茶室は親しいお客様向けとのことですが、その菊月茶会ではどちらのお茶室にも入ることが出来るのだそうです。

tumblr_nojgcq0Kkf1uv3bw6o4_1280

市島家の一族に連なる有名人として、会津八一と、市島謙吉が紹介されていて、健吉さんの方は存じ上げなかったのですが(申し訳ありません!!)、大隈重信と一緒に早稲田大学を作るために尽力された方ということでした。銅像がありましたが、かなり親しみやすい風貌です。

1 2