割烹の宿いま井


月岡温泉いま井で働くスタッフ四方山話
旬の味覚を愛し、思いやりを愛し、人生を振り返り、今と未来を語る。
「Iのある人生」
セカンドライフに堪能する、美味しい宿の心地よさひときわ。

tumblr_noqs5ed3Qa1uv3bw6o1_500

もみじの中に赤い可愛いハートの形のようなものがあり、これはもみじのたねだと教えてもらいました。

青い空と、黄緑色のもみじの葉と、赤い種のコントラストが、うまく伝わるといいのですが。この季節の緑は直に眼球を癒してくれます。パソコンで目と肌が疲れた場合は、GW後に月岡温泉に来られるのがおすすめです。

朝、お客様をお見送りするときに、ゆっくりできたよって仰ってもらえると本当に心から嬉しくなります。

とはいえ、GWに海外旅行などで長期休暇を取った直後にお休み出来るサラリーマンがいるのか?(否、いないだろう)と思うと、この時期に来ていただけるお客様はそもそも心がゆったりされている方なのかなとか、GWには働きづめで、やっとほっと一息ついている方なんだろうかとか、色々想像してしまいます。

tumblr_nof7eofX211uv3bw6o1_1280

5月の朝ごはんです。

ご飯のすすむおかずが多いので、ついついおかわりをしてしまうことになりますが、優しい味なのですっとお腹に入ってしまうはずです。

こればかりは宿泊されたお客様にしか味わって頂けないものになります。

あと、海苔も付きます。

描き忘れました。

本当に美味しくて昨日は(実は昨日初めて食べました!!)一日元気でした。

美味しいものは毎日食べるより時々食べた方が身体にじわっと染み込む気がします。

昨日までとても蒸し暑くてすこし苦しかったので、ご褒美の雨のようです。庭の緑も喜んでいるように見えます。

tumblr_nof7eofX211uv3bw6o2_1280

田植え

2015年5月11日

tumblr_no0of9qRIA1uv3bw6o1_1280

GWが終わり、田植えも終わり、少年の五分刈頭のような田んぼです。

個人的にはもう少し育って緑の分量が濃くなる頃の田んぼが好みです。

田んぼの風景は、自然そのものの風景ではなくて、明らかに人工的な風景であるのに、私たちがそれを、いかにも日本的な風景だとか懐かしいなと思うのはどうしてなのだろうと考えることがあります。

未来には、ビルが立ち並ぶ風景や、高速道路の立体交差などを見て日本的な懐かしい風景だと思うようになる日が来るのでしょうか?

試食会

2015年5月9日

tumblr_no0ocrQkXy1uv3bw6o1_1280  tumblr_no0ocrQkXy1uv3bw6o2_1280

「風薫る皐月」献立の試食会でした。私もお客さんになりたい・・・。

GWに突入

2015年5月1日

tumblr_no0hg6bI661uv3bw6o1_400

いよいよ本格的なGWに突入となり、気合は充分です。(体力と筋力は不十分ですが)

GWは田植の季節でもあり、通勤途中の田んぼが次々と水で満たされていきます。

写真が相変わらず下手なので残念なのですが、田んぼの水に山が映ってダブル五頭山(本当に五頭山なのかどうかも微妙ですが・・・)となる様子も絵画的でうっとりします。

tumblr_no0hf3kdnm1uv3bw6o1_400

先日、新潟万代シティのシネウインドで「千年の一滴 だし しょうゆ」http://www.asia-documentary.com/dashi_shoyu/index.htmlを観て、映像の美しさと、長い時間(世代も越えて今も続く・・・)をかけた日本人の深い知恵と出汁に対するすさまじい欲望(ここまでこだわるのか!!)に感銘を受けました。

そして宿に帰ったら、なんとここにもこだわりの日本人の一人がいたのでございました。

贅沢というのは、高級食材のことじゃなくて、昆布を採る人、運ぶ人、売る人、買う人、使う人、出す人、最終的にお客様の口に入るまでの大勢の人たちのたくさんの気持ちのことなんだなぁと、その他の食材にも全部それぞれの物語があるのかと思うと少しだけ気が遠くなります。
そういうことを、押しつけがましくなく、きちんと伝えられる人になれたらいいなと思います。

今は眺めているだけですが。

1 2 3 4