割烹の宿いま井


月岡温泉いま井で働くスタッフ四方山話
旬の味覚を愛し、思いやりを愛し、人生を振り返り、今と未来を語る。
「Iのある人生」
セカンドライフに堪能する、美味しい宿の心地よさひときわ。

みなさまこんにちは!高島です!

みなさまは「楽天朝ごはんフェスティバル」という年に一度のイベントをご存知でしょうか。

https://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta/2017/1st_stage/?lid=topC_ichioshi_asafesta

↑↑こちら

 

旅行会社として有名な楽天トラベルが主催する、年に一度、日本全国の宿泊施設の一番おいしい朝ごはんを決めよう!というイベントなのです!

昨年同じグループ会社であります岩室温泉の高志の宿高島屋が参戦し、堂々の新潟県エリア第2位を頂くことが出来ました。

そして今年、満を持して我々、月岡温泉割烹の宿いま井も参加することになりました!!

お越しいただいた皆様にとってもご好評をいただいているいま井の朝ごはん。

たくさんの方に愛されている確かな味で勝負です!!

投票は楽天トラベルの会員登録をしていただいたのち、いま井のページ、または下記URLよりご投票ください!

投票する宿は一件のみならず、何件でもOK♪

10月5日の10:00までです!

どうかよろしくお願い致します!!

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/53073/CUSTOM/GW53073170928234117.html

↑↑ご投票はこちらから!

みなさま、今回はプランのご紹介でございます!

新潟の食の匠が育てたあがの姫牛ぎゅーっとプラン

当館グループ会社で醸造したスワンレイクビールのビール粕を

原材料の一部に育て上げた新潟のブランド牛「あがの姫牛」
北澤板長いま井懐石の一品であがの姫牛を焼きしゃぶでぎゅーと提供します。
☆特典 あがの姫牛麦酒330ml 1本付き☆

是非ご利用くださいませ!

「あがの姫牛」
白鳥の瓢湖を有する新潟県は阿賀野市
この地を愛する食の匠たちが結集して、 新たなブランド牛肉を誕生させました。
その名も、あがの姫牛。
 飼育環境やエサなどにこだわり、
 地元でたいせつに育てあげた、箱入り娘。阿賀野の匠たちの自信作です。
ビールの世界大会で世界一に輝いた経歴を持つ当社自慢のスワンレイクビール。
その製造工程で発生するビール粕を、優れた食品発酵技術を持つバイオテックジャパンが提供する
乳酸菌を使って発酵熟成。
こうしてできた栄養価の高い飼料で、大切に大切に、大事に大事に育てました!

大物が入荷です

2017年7月8日

 

どーーんとでっかい甘鯛が入りました!

こちらも新潟の夏の味覚。

湯葉蒸しになり、味わい深い自慢の出汁を使った餡と共にお出ししております。

今日は新潟も気温30度越えです。

新潟の夏を感じる旅、いかがですか?

夏がやってくる

2017年7月1日

夏の魚、と言えば皆様は何が思い浮かぶでしょうか。

私高島はやっぱり 鱧 で。真っ白な身にギュッと詰まった脂。

丁寧な骨切りによって口の中でふわふわとほどける食感。

 

そんな大好きな鱧、本日いま井にもやってきました!

水の中にぶくぶくをいれて生きた状態でいま井へ。調理場で血抜きされ、捌かれていきます。

なんと新鮮!

 

ちなみに生きているのでもちろん捌かれまいと抵抗します。板長が何回か噛まれていました…。

 

 

そんな超新鮮な鱧、次のご旅行にいかがでしょうか。今日はそんな紹介でした。では

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆様こんにちは!

そして初めまして!割烹の宿いま井スタッフの高島と申します!

いま井のFacebookを読んでくださっている方はよく見かける名前かと思いますが、こちらでは初めましてですね!

どうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

さて、今月25日に開催されました、第二回日本酒を楽しむ夕べ。

県内の日本酒メーカーさんといま井がタッグを組み、講演会と特別懐石、そしてたくさんの日本酒を楽しんで頂くイベントです。

大盛況となった第一回開催の後、 またやって!との声を多く頂き、半年かけてようやく第二回目を開催することができました!

今回は月岡温泉を有する地元 新発田市の菊水酒造さんとコラボ!

菊水酒造さんの日本酒講演会の後、お酒、お料理と進みます。

超が付くほどのレアなお酒を始め、多くのお酒を楽しんでいただけたかと思います!

また、菊水酒造さんの調味料をふんだんに盛り込んだ当館板長の特別懐石料理、こちらももちろん大好評!

豪華景品が当たるじゃんけん大会も大盛り上がり!

本当に楽しく、そして笑顔の溢れる会となりました!

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

さて、次はいつ開催しようかな…

 

 

こんにちは。主任 佐藤です。

昨日ご宿泊のお客様はチェックアウトされて次の旅の楽しみへと向かわれました。少し館内がさみしくなる時間帯ですが、本日のお客様のご用意をさせていただいております。

さて、12月31日からお正月にかけてお料理が変更になり、板長 北澤のお正月料理をご提供させていただいております。

dsc_0251

こちらは前菜。手前にあります松笠くわい、竹麩つや煮、のし梅で「松竹梅」を表します。お正月を彩る一品ぜひお召し上がりくださいませ。

———————————————————-
割烹の宿 いま井 五十嵐邸結
http://ky-imai.com/
〒959-2338
新潟県新発田市月岡温泉350
TEL 0254‐32‐3000 FAX 0254‐32‐2023
———————————————————-

 

2016/ 9/ 9 10:05

2016/ 9/ 9 10:05

 

ようやく 暑さも過ぎてくれたようですね

月岡の里も 稲刈りが始まり ふわふわ田園風景がすくなくなってきています

さて、今回 新しい試みで 山北産のやまぶどうジュースを仕入れました

仕入れた当日 まさかの新潟日報に掲載されていたという嬉しさも手伝って

これから北澤板長が 食前酒に料理にデザートにと

ここでも「いま井流」発揮します(笑)

秋の献立にしっとり感をそえること間違えなしです

おたのしみに!!

IMAG0825[1]

 

鮎の美味しさがわかるようになったのも、相当大人になってからのことです。

頭からガブリと、骨ごと食べる鮎の、ちょっと苦味もある味がとても好きです。

こういうお仕事を始めたので、一旦休会してしまっていますが、去年まで習っていた篠笛のお稽古では、毎年7月に「おさらい会」として、皆の前でお稽古の成果を発表をするのに、温泉旅館に一泊して宴会をしていました。ともかく宴会が楽しみなので、肝心の笛について練習不足だったとしても、どうしても参加したい会でした。東京に出た後も、可能な限り参加して、翌朝の新幹線で戻るということもしていました。

そして、その宴会でいつも釣った鮎を持って来てくださる鮎太郎さん(もちろん本名じゃありません)のこともよく思い出します。それまでも、鮎はまぁまぁ好きだったのですが、この時以来、一番好きな魚になりました。鮎太郎さんは毎年、皆の期待に応えるべく鮎をたくさん釣らなければならなくなったので、おそらく笛の練習をする時間が無くなってしまっていたのではないかと思います。それでもいつもニコニコとみんなの喜ぶ様子を見守る鮎太郎さんでした。元気にしていらっしゃるかな?

鮎の塩焼き用の炭を起こしているところを撮影してみました。花火のようにパチパチいいます。

先日お越しのお客様は食わず嫌いだった鮎を生まれて初めて召し上がり、とても美味しい!!と言ってくださいました。美味しいと思えるものが一つ増えた=幸せが一つ増えたということかなと、とても嬉しく思います。

IMAG0830[1]

 

文月の献立は、さわやかな野菜が多く使われています。色もとても綺麗です。

お刺身の妻の準備をする調理場の太田さんです。

これから本格的な夏に向かって、疲れやすくなる身体や心を癒してくれる優しいお料理です。去年と今年は違うし、今年と来年も違ってくるのだろうと考えると、お料理だって一期一会なんだなって思います。

とうもろこし豆腐の下ごしらえのシーンを撮影させてもらいました。

久々に板長の登場です。

漉してから練ります。般若心経を唱えながら。

1 2