割烹の宿いま井


月岡温泉いま井で働くスタッフ四方山話
旬の味覚を愛し、思いやりを愛し、人生を振り返り、今と未来を語る。
「Iのある人生」
セカンドライフに堪能する、美味しい宿の心地よさひときわ。

新潟清酒検定の銅の達人を受験しましたが、不合格でした・・・・。

IMAG0831[1]

 

日本酒が好きだということと、日本酒の知識があるということは随分違うということでした。当たり前です。

東京時代は若くて可愛らしい女の子たちとよく日本酒を飲みました。日本酒が好きだということで得をしたことが随分とありました。なので、この試験に不合格だったからと言って、日本酒を嫌いになったりしません。

私は試験に落ちたり、こんな風に不合格になるのがとても苦手です。得意な人がいるのかどうかはわかりませんが、落ち込み方が尋常じゃないという意味でも、本当に苦手なんだと思います。そして物が覚えられたりする時代はもう過ぎてしまったのだと思いました。早くこの辛さから立ち直って、もう一度チャレンジしようと思う気持ちになれるといいのですが。