割烹の宿いま井


月岡温泉いま井で働くスタッフ四方山話
旬の味覚を愛し、思いやりを愛し、人生を振り返り、今と未来を語る。
「Iのある人生」
セカンドライフに堪能する、美味しい宿の心地よさひときわ。

tumblr_nq8laoIljQ1uv3bw6o1_1280

新潟の夏野菜の美味しさについて、理解できるようになったのは、結構大人になってからです。子供の時は、トマトに美味しいトマトやそうでもないトマトがあるということについて考えたこともありませんでした。

当然、枝豆についても、当たり前のように山盛りになって食卓に置かれて、そこから右手で自分の食べる分をワサっと掴み取って、ひたすら食べるのが普通すぎる夏の日常。新潟県では枝豆をいっぱい作っても県外に出荷せず、自分たちですっかり食べてしまうと言われていますが、「枝豆は採れたその日のうちに茹でて食べなくちゃいけない」から出荷している暇はない、急いで食べよう!どんどん食べよう!ということなのでしょうか?

十全ナスの漬けたのを、世にも美味しいと感じるようになったのは、40もすっかり過ぎてからのことです。東京のスーパーで買ったトウモロコシも、粒がそろってきれいなのですが、やっぱりこちらで採れたてのトウモロコシを食べてしまうと、なんだか違うような気がしました。

新潟の人は「野菜はご馳走じゃない」って思いがちで、都会からせっかく来てもらったのに、毎日家で食べるような野菜を出したりしては申し訳ない・・・と思っている節があります。あるように感じます。

というか、私も東京に出て初めて、採れたての野菜が、どんなにありがたいものなのかを知りました。なので、この美味しさを伝えられたらと思います。

「夏野菜と新潟の恵み」プラン、7月8月限定のプランです。献立が確定したら改めて報告いたします。黒埼茶豆は毎年7月末から2週間くらいです。食べ逃しにご注意を!!